入所・通所・短期・デイケア

施設長挨拶

  • HOME »
  • 施設長挨拶

ご 挨 拶 ―平成29年度初めにあたって―

2017.04

 

 今年も桜の季節がやってまいりました。

年度の初めに当たり、新たな気持ちで、職員一同一丸となって、地域の皆様のさまざまなニーズに応えるべく頑張りたいと思います。

健康寿命は、健康上の問題なく、自立した生活を送れる状態で、平均寿命と共に、日本は世界のトップクラスにいます。平均寿命と健康寿命の差が、男性9年、女性12年もあり、これは何らかの介護を要する期間で、これをいかに短縮するかが今後の課題となっています。また幸福度については、ノルウェー、デンマークなどが上位にあり、日本は51位と低いのです。“健康で長生きして、幸福と感じる”これが理想です。しかしこの理想を実現するには、幾多の問題があります。①まず体力の衰え、ロコモティブシンドロームと言われるように、年を取ると筋力が衰え、骨は脆くなり、関節は変形し動きが悪くなります。転倒して骨折する危険性も高くなります。②次にいろいろな疾患に脅かされます。癌や脳血管障害は健康寿命に大きくかかわります。③また何より認知症も大きな問題となっています。若い頃には、“治る”と言うことが当たり前であることが多いですが、高齢になると“病と共に生きる”ことや“治すより癒しが必要”となってきます。

あやめの里では、医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士など各専門職種が、お一人お一人に応じて関わり、機能回復、認知機能の維持、そして何より、年をとっても、もの忘れをしても、その人らしく生きる喜びを感じて過ごしていただけるよう頑張ります。ご家族も、様々な問題を抱えておられます。ご利用者とご家族そして職員・・みんなが笑顔で過ごせる方向を目指しましょう。今年も、施設の庭や畑には色とりどりの花や美味しい野菜が元気に若芽を伸ばそうとしています。

平成29年4月吉日
あやめの里施設長 下河辺勝世

PAGETOP
Copyright © 介護老人保健施設 あやめの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.