入所・通所・短期・デイケア

取り組み

あやめの里の取り組み

抑制廃止宣言

これまで多くの病院や施設で、安全のためとして、一方的にベッドや車椅子に縛りつけたり、つなぎ服を着せたり、様々な形で拘束が行われてきました。 拘束により、身体的には筋力低下・関節拘縮・血行不全・心肺機能低下などを招きます。自由を奪われることにより、精神的な弊害も大きく、情緒不安定、 意欲の低下、痴呆の進行などを起こす可能性があります。

平成10年10月抑制廃止福岡宣言が出され、また平成11年11月には厚生省より、介護保険施設等における身体拘束の禁止が通達されました。 私たちは、昨年より“抑制廃止委員会”を設置しこの問題に積極的に取り組んでおります。

まず、車椅子の安全ベルトを廃止いたしました。車椅子はあくまでも移動の手段と考え、できる限りソファにて自由にくつろいでいただけるよう努めております。 不穏時や、点滴中も拘束することなくできる限り職員の見守りにて対処したいと考えております。もちろん安全には十分注意を払っておりますが、転倒などの 不慮の事故も予測されます。抑制廃止をすすめるにあたって、不安や疑問をお持ちの方にはいつでもご相談に応じます。

身体的なことばかりでなく、薬による行動制限も拘束と考えられており、できる限り不必要な投薬は避けたいと考えております。職員の言葉や態度も場合によっては 目に見えない拘束と考えられ、十分気をつけたいと思います。皆様があやめの里において、安全かつ人間性豊かな生活が送れますよう、職員一同努力して参りますので、 なにとぞご家族の皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

平成12年7月24日

この宣言以後、車椅子のベルト、ベッドの四柵使用などはすべて廃止しました。危険予知困難な認知症の方も多くなり、高齢化とともに基本的な身体機能も低下する中で、 転倒などの事故発生のリスクは高くなっています。

しかしながら、抑制から開放された方は、落ち着きを取り戻し、本来の生き生きとした表情になり、意欲が出てきます。なぜ抑制されるのか理解できない方を、殆ど介護する側の都合で 一方的に抑制するのは許されないことです。抑制を外そうとして、思わぬ危険な行為に出ることもあります。

できる限りお一人お一人に合わせた適切な見守りや介助、連携の取れた効率のよい介護などで対応していますが、職員の数も限られていますので、目の届かない僅かな時間での 事故の発生の危険性がどうしてもあります。その危険性を最小限に抑える努力をしつつ、抑制をしない、人間的な暖かいケアを続けていきたいと思います。

回想法

1963年米国の精神科医ロバート・バトラーは老年期の回想を肯定的に再評価することを提唱し、老年期における回想を促進し、心理学的援助に応用したものが回想法です。 欧米ではすでに30年以上に渡り、めざましい展開を見せています。日本の高齢者施設でも回想法を用いたアクティビティーが行われているところが増えてきています。

■あやめの里でも頑張っています
療養棟4階で毎週1回、回想法を実施してます。

回想法の進め方として、個人での回想法・グループ回想法の2つに分かれますが、今私達が実施しているのは4~5名を対象としたグループ回想法です。 おやつの時間を利用し、お茶をすすりながら、約1時間をご利用者の方々と楽しみます。

日付確認・自己紹介から始まり、前回のおさらいを含めその日のテーマを説明し、さあ!スタートです。テーマによっては教材・写真・品物・歌などを利用することもあり、 一人一人の発表を促します。皆さん「そうそう…」とあいづちをうったり「あの頃は…」「私の故郷では…」「昔はね…」と共感しながら話が拡がっていきます。普段無口な方でも最初は、 はにかみながらも、いつの間にか自分が中心になって話をしていた、ということも。よくいう井戸端会議と言いますが、会話がはずんでくると段々と話がテーマから脱線してきます。 その時はスタッフが修復することが必要です(これがまた…難しい)。回想法終了時は次回の日付を確認。一緒に後片付けをし、スタッフはその日の評価をします。

グループ回想法では単に個人を語るのではなく時代を語る。つまり、経験した出来事や感情が再評価されることで、違う時代で新しい意味づけとして見直され、気持ちが楽になったり、感情の整理が行われることもあると思います。
私達スタッフはそういった微妙な心の変化や発語・表情の違いなどを視ていきます。

利用者への効果 スタッフへの効果
・情動機能の回復
・意欲の向上
・発語回数の増加
・表情 非言語的表現が豊かになる
・集中力が増す
・新しい環境への適応を促がす
・対人関係の進展
・高齢者への関心と敬意を持つ
・日常の接し方の意識の変化
・仕事の意欲向上
・ケアプラン充実

正直に申しますと私達スタッフもまだまだ未熟であり、効果のほどは、全てが合格点とはいきません。回想法を進めるにあたり、いかに私達自身がご利用者の人生に興味・関心を持って持続的にお話を伺うかにあります。
回想法では記憶を引き出す手助けとしてさまざまな方法が用いられますが、映画など娯楽を取り入れたものも検討しております。
今後も日々学習努力していきたいと考えておりますのでどうかよろしくお願いいたします。

学習療法への取り組み

脳活性、認知症予防、コミュニケーションを目的にくもんの「学習療法」を平成19年8月より導入しました。

簡単な「読み・書き」「計算」を中心とする教材を用いて、学習者と支援者が共に「楽しく学習する」ことを心がけています。
教材はお一人お一人に合ったものを使用するため、学習者が無理なく取り組めます。
学習は週に5回、時間は20分程度と負担なく実施できます。
支援者は学習療法士1級の認定を受けたスタッフです。
ご家族もお気軽にご見学ください。
費用は2,160円/月(教材費含む)
いつでも受付可能です。お気軽にご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 介護老人保健施設 あやめの里 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.