今回は「認知症」をテーマに、北九州市の取り組みを認知症支援・介護予防センターの猪原博之認知症対策推進係長よりご講演頂いたのち、認知症の方をどのように支えていくかを「認知症の方へのより良いかかわりを目指して」と題して講演を行いました。講演には戸畑区で従事されているケアマネジャーや介護福祉士などを中心に約80名の方が参加されていました。

 当法人では、ものわすれ外来を行っています。また、認知症の予防・啓発事業として「脳はつらつ教室」を開催するなど、様々な形で認知症に対する支援に取り組んでいます。認知症について気にかかっている方がおられましたら、ぜひお尋ねください。

あやめの里施設長 認知症サポート医 下河邉勝世