救急・急性期・地域支援・がん治療

院長挨拶

ご 挨 拶

2017.04.01

 我が国は世界に類をみないスピードで高齢化が進んでおり、2030年には実に人口の16%の方(約1600万人)が高齢を迎えるまでになります。戸畑地区も高齢化が進行し、人口が減少していくにも関わらず高齢者数は増加していくとのデータ分析もあります。

また、消費税に依存したわが国の社会保障制度は、増税が見送りになったため不安定さを増しています。

このような状況の中、当院は戸畑地区を中心とした二次医療圏における地域医療支援病院として、住民の皆様が安心して生活ができますように、24時間365日断らない救急医療を提供しています。救急車搬入件数は年間3000件に達する勢いで増加しており、救急患者受入人数も年間12000人を超えるまでになっています。

当院のもう一つの柱であるがん治療に関してですが、内科的には早期消化管の癌に対する内視鏡切除の充実を図っていき、外科的には胸腔鏡・腹腔鏡手術を安心・安全な治療法として推進していきたいと考えています。

がんセンターでは、腫瘍部分にピンポイントで照射ができるトモセラピー(IMRT)、サイバーナイフ、密封小線源を導入しています。放射線治療件数は年間700例を超えます。また、当院は化学療法にも力を入れており、実施件数は年間3000例を超えています。化学療法に電磁場温熱療法や高気圧酸素治療を組み合わせて行う集学的治療を行っています。

今後は、PET/CTなど新しい診断装置を活用し、がん先端治療のさらなる充実を図りたいと思います。MRIも現在2台稼働しており、特に3テスラMRIにより診断能の向上が期待されます。社会医療法人共愛会戸畑共立病院は、救急医療とがん治療を中心に、チーム医療による充実した医療技術を提供することを使命とし、患者様・ご家族に安心・安全に過ごしていただけるような病院づくりを目指します。また、地域医療支援病院として、医療機関・地域の皆様から安心と信頼を得られるよう職員一丸となり、なお一層の努力をしていきたいと考えています。

戸畑共立病院 院長
今村 鉄男

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人 共愛会 戸畑共立病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.