臨床工学科のご紹介

臨床工学科について

 臨床工学技士は、安全安心な医療提供ができるよう、医師の指示のもと、医療機器の保守管理・操作を行う職種です。当院における業務内容は急性期医療からがん治療と多岐に渡っています。
 臨床工学科のミッションは、『医療安全の向上・チーム医療の実践・専門性の追求・効率的な機器運用』です。そのために、フットワーク・チームワーク・ネットワークをスローガンにチーム医療に貢献できる医療機器のスペシャリストを目指しています。これからも、患者様や院内スタッフから信頼される部署として努力していきます。

臨床工学科の組織体制について

 臨床工学科には総勢22名の技士が在籍しています。
業務内容は高気圧酸素治療、温熱治療(ハイパーサーミア)、医療機器管理(人工呼吸器管理・急性血液浄化含む)、内視鏡、手術室、人工透析と多岐に渡っており、部門毎に責任者を配置し、組織横断的な業務展開を実践しています。
 当科はそれぞれで専門性を追求するために長期ローテーション制を導入しています。また、積極的な資格・認定取得、学会発表・研究などの学術研鑽を奨励しており、幅広くチーム医療に貢献できる人材育成を目指しています。

■業務内容

高気圧酸素治療

平成10年より治療を開始し、年間約5600件の治療を実施しています。 医師と密接に連携し、急性期治療とがん治療に対して積極的な治療を行っています。

詳しくはこちら

ハイパーサーミア

平成15年より治療を開始し、年間約2500件の治療を実施しています。機器操作、加温出力調整や熱感時対応、副作用観察、機器メンテナンスなど一連の治療において従事しています。

詳しくはこちら

医療機器管理

医療機器の中央管理と院内ラウンドを実施することで、医療機器の品質管理、安全性の向上に努めています。生体情報モニタ、人工呼吸管理も専門チームと協同し積極的に対応しています。

詳しくはこちら

消化器内視鏡

検査中の機器操作、内視鏡関連機器の使用前後点検、定期点検、洗浄消毒業務、臨床支援業務などを行い患者様に安全安心な内視鏡検査治療を提供しています。

詳しくはこちら

手術室(OR-CE)

平成14年より開始し、全ての医療機器・器具と設備の保守管理、トラブル対応、清潔補助業務、中央材料室業務を行っています。他職種と協働業務を行い、チームとして連携を図っています。

詳しくはこちら

血液浄化業務

透析治療時における穿刺・接続から回収までの操作等を行っており、機器管理においては透析関連機器の日常・定期点検、消耗品交換などの機器メンテナンスを行なっています。

詳しくはこちら

主な学会発表実績

2017年度 臨床工学科学会発表実績

詳しくはこちら2017年度 臨床工学科学会発表実績

取得資格・認定

詳しくはこちら取得資格・認定

各業務実績

詳しくはこちら各業務実績

臨床工学科の教育について

詳しくはこちら臨床工学科の教育について

臨床工学科主体のチーム医療について

詳しくはこちら臨床工学科主体のチーム医療について