救急・急性期・地域支援・がん治療

ハイパーサーミア

ハイパーサーミア

○ハイパーサーミアとは

がんに対する温熱治療をさします。人間の細胞は42.5度以上に温度が上がると死滅します。これを利用し、がん細胞だけを選択的に加温し死滅させようと考案された治療法です。

○原理と特徴

患部を上下の電極ではさんで、電極間にRF波
(電磁波)を負荷し加温します(図2)。図2.原理

正常な細胞では、体温が上がると血管が拡張し血流が増加する事で、熱を放散させる働きがある為42.5度以上に上がる事はありません。しかし、がん細胞ではそういった機能が著しく低下している為、熱を逃がす事ができず、温度が上がりやすいといった特徴があります(図3)。
これを活かし、がん細胞だけを死滅させます。

zu3.PNG

○他の治療との併用

・抗がん剤との併用
体温が上がる事で腫瘍細胞内に多くの薬剤が取り込まれ、抗がん剤の効果が高くなります。その為、抗がん剤投与量を低減しても、その効果を維持でき、骨髄抑制や疲労感、食欲低下などの副作用においても軽減する事ができます。

・放射線との併用
放射線によりダメージを受けたがん細胞はそれを修復させる働きを持っていますが、その修復過程を抑制します。また、放射線が効きにくいとされる低栄養で血流が乏しく酸素供給の条件が悪いといった環境が、温度が上がりやすく、ハイパーサーミアの効果がより増強されるといわれています。

・手術との併用
術後の再発抑制に有効であるだけでなく、腫瘍が大きく切除が困難、あるいは切除が危険ながんでは、手術前に放射線、化学療法にハイパーサーミアを組み合わせて治療し、腫瘍を小さくしてから行う事があります。

○治療症例

zu4.PNG
⇒放射線治療60GyPAC/CBDCAによる温熱化学療法22回施行
6㎝の腫瘍が消失。

zu5.PNG
⇒PAC/CBDCAによる温熱化学療法27回施行。
多発腫瘍の消失

5. 治療の対象

皮膚・頭頸部・軟部組織・乳房等
肺・食道・胃・肝・膵・子宮・膀胱・腎臓・十二指腸/結腸/直腸・前立腺等
※脳・眼球以外が適応

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人 共愛会 戸畑共立病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.