救急・急性期・地域支援・がん治療

救急センター

sign.jpg

概要

8b7e8b7d83z8393835e815b81408eca905e.jpg 救急外来スタッフ 当センターの所在する戸畑区は、北九州市の中央部に位置し、人口約59000人、そのうち後期高齢者の割合が14.9%と高い地域です*1)。当センターは、24時間体制で、緊急内視鏡や緊急手術・高気圧酸素療法や血管造影等々の対応をしていることから、戸畑区のみならず若松区、小倉北区、八幡東区からも救急患者が搬送されてきます。そして、2次救急を中心に3次救急患者に対しても、救急専門医を含むERスタッフと各診療科のバックアップのもと、日夜診療を行っています。

 また、地域医療支援病院として、地域に密着した安心安全第一な救急センター体制の構築を目指して日々努力しています。

 *1)北九州市ホームページより抜粋 平成28年5月現在

 

救急医療体制

スタッフステーション

スタッフステーション

地域医療支援病院として24時間態勢で地域に根差した救急医療を実践しており、初期診療を行うER、重症患者に対する集中治療を行うICUを備え、様々な疾患に柔軟な対応を行っています。

 

当センターの変遷

平成20年5月
外来として救急外来併設
平成22年4月
社会医療法人認可
平成22年9月
救急外来独立
平成23年4月
救急センターと名称変更・完全独立
平成23年9月
救急病棟 4床開設
平成26年6月 救急病棟4床→5床へ増床
平成27年4月 メディカルコントロール開始
平成28年4月 派遣型救急ワークステーション実習受け入れ開始

当センターの救急車受け入れ台数推移

平成23年度 2577台
平成24年度 2540台
平成25年度 2618台
平成26年度 2677台
平成27年度 2720台

※救急外来来院年間患者数:9500名前後

当センターの人員

医師
24時間体制で救急担当医師2名常駐
スタッフ
看護師22名・准看護師2名・救急救命士6名・ケアワーカー1名 二交代制

診療内容

DSC_1765.jpg全景救急領域での初期診療から集中治療まで迅速に対応します。
-対象疾患-
心肺停止 意識障害 ショック 外傷 急性腹症
脳血管障害 呼吸不全 消化管出血 敗血症

設備紹介

ER初療室

ER初療室

ER初療室

ER初療室へは救急車から直接繋がる

ER初療室へは救急車から直接繋がる

救急車受け入れを行う初療室が2室あり、常時並列で2例が受け入れられるような体制でスタンバイされています。他、救急ベッドが7ベッド、診察室が4室あります。

 

当センターの活動概要

救急隊との実地訓練

救急隊との実地訓練

救急隊との実地訓練

救急隊との実地訓練


〇臨床研修医の受け入れ    〇ICLS研修受講
〇看護学生実習受け入れ    〇コ・メディカルとのBLS研修
〇救急学会参加・発表     〇救急隊との意見交換会
〇外傷(JPTEC)受講   〇救急隊との実地研修
〇救急の日参加
〇救急認定看護師の助成
〇久留米大学病院救急診療科教育関連認定施設
〇救急車同乗実習
○外傷(JPTEC)開催    ○外部へのBLS出務研修
○救急救命士実習受入れ

救急救命士

当センターに勤務しております、救急救命士のご紹介です。

久鍋 健太郎

dsc_0581.jpg 救命士として救急外来で働いてみて、病院内の処置はわからないことが多く苦労することが多々ありました。

患者様に対し侵襲を与える処置ができないため、どこか物足りないと思うときもありますが、救急外来は、多くの患者様と接し様々な病態を観察することで、救命士として大きく成長することができる場だと思います。

救命で身につけた知識と技術を駆使し、医療チームの一員として貢献し、患者様の命を救うことができる点では非常に大きなやりがいを感じています。

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人 共愛会 戸畑共立病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.