救急・急性期・地域支援・がん治療

検査詳細-2

一般検査

一般検査は各種の専門的検査の前に、健康上疑いがあるかどうかを迅速にふるい分けるスクリーニング検査が多く、当検査室で行う一般検査としては健康診断などでよく行われる尿検査や便潜血検査の他に、髄液や胸水、腹水の検査、精液検査などを行っています。

◆尿検査◆

ippan_31.jpg尿を検査することで全身の病気の状態を把握することができます。
尿定性検査では試験紙を尿に浸すことでその色の変化を測定し、比重、pH、蛋白、糖、ビリルビン、ウロビリノーゲン、白血球、潜血の有無や程度を簡単に検査します。
この尿定性検査で異常がみられた場合や、腎・尿路系疾患の経過観察などを目的として行うのが尿沈渣検査です。

 

ippan_32.jpg
尿沈渣の検査は尿10mlを遠心分離後、沈殿した成分を顕微鏡で観察します。
赤血球や白血球、その他細胞成分を観察することで腎・尿路系の疾患の診断に役立ちます。
尿定性検査基準値(PDF)

◆便潜血◆

便潜血検査は大腸癌の早期発見のために集団検診などでもよく行われる検査で、肉眼では見ることが出来ない微量な血液を見つける検査です。
消化管で出血があると便中に赤血球成分であるヘモグロビンが混ざります。
このヘモグロビンを測定することで消化管に出血があるかどうかを調べています。
しかしヘモグロビンは便中では不安定なため他の赤血球成分であるトランスフェリンを併せて測定することで出血の見逃しを少なくするようにしています。

◆その他の検査◆

髄液とは中枢神経(脳・脊髄)を保護している液のことで、その髄液や血液以外で穿刺によって採取される体液を体腔液といい胸水や腹水などがあります。
これらの髄液や胸水、腹水の検査では白血球数、蛋白、糖などを測定することにより炎症の有無、循環障害、栄養障害などを調べることが可能となっています。
また精液検査は男性不妊症の診断・治療の他、前立腺などの疾患の検査に利用されます。

尿や便のとりかた(PDF)

生理機能検査

◆心電図◆

安静時心電図

seiri_31.jpg心臓の筋肉は収縮・拡張を一定のリズムで繰り返して血液を全身に押し出す仕事のほか、微弱な電気信号をリズミカルに発生する作業を行っています。
この微弱な電気信号を機器(心電計)を用い波形として記録したのが心電図です。
心電図は心肥大、狭心症、心筋梗塞、先天性心疾患など心臓の形の異常や機能の異常、不整脈の診断に利用されます。
検査時間:3〜5分

負荷心電図(エルゴメーター)

seiri_32.jpg胸に電極を付けたままの状態で自転車のペダルをこいでもらい心臓に負荷をかけ心電図を記録します。
ペダルをこいで運動することで意図的に心臓の筋肉(心筋)に酸素が十分供給されない状態をつくりだし心臓の異常の有無を調べます。
※年齢、性別、身長、体重などによって心臓への負荷量はかわります。
※心臓への強い負荷をかけるため必ず医師の管理下で検査します。
検査時間:準備をあわせて30分程度

 

24時間心電図(ホルター心電図)

seiri_33.jpg携帯型心電計を24時間身につけて1日の心電図を記録する検査です。
日常生活中の食事や、睡眠およびトイレ、仕事中など時間にかかわらず一過性に出現する心電図の異常を発見・診断します。

 

◆超音波検査◆

心臓、腹部、甲状腺、乳腺など体表面から超音波の反射波を利用して、体内の臓器の形や動きなどを見ます。 痛みのない非侵襲的な検査です。
スクリーニング検査から精密検査、緊急検査まで幅広く用いられます。
検査時間:15〜20分
seiri_34.jpgseiri_35.jpgseiri_36.jpg

◆脳波検査◆

seiri_37.jpg 脳は常に微弱な電波を出し続けています。
頭部に付けた電極でその微弱な電波をとらえ増幅し波形として記録します。安静時に開閉眼 (目を開けたり閉じたりする)、過呼吸(吸ったりはいたりする)、光刺激などをし、その時の脳波を調べます。
てんかん・脳血管障害・脳腫瘍・脳炎などの診断に役立ちます。
検査時間:準備をあわせて1時間程度

 

◆ABI検査◆

seiri_38.jpg
両腕と両足首に、血圧計の帯(カフ)を巻き手首に心電図の電極、胸に心音マイクを装着します。
手と足の血圧差、心臓の拍動(脈波)が動脈を通じて 手や足に届く速度を測定し、動脈血管の硬さ・狭窄・ 閉塞状態を評価します。
動脈硬化症の早期発見を目的とした検査です。
検査時間:10分

 

◆肺機能検査◆

写真4.JPG
肺から出入りする空気の量を測って、肺の大きさや弾力性などを調べます。呼吸器疾患の重症度を調べたり、手術前の肺の状態をチェックしたりします。
COPDの判定にも用いられる検査です。
検査時間:5〜10分

 

◆重心動揺検査◆

seiri_40.jpg
直立姿勢時に現れる身体の揺れを記録、解析し身体の平衡機能を調べます。平衡維持に関与する内耳系、中枢神経系、脊髄反射系の機能を調べることで、平衡障害の程度の把握、疾患経過の観察、治癒効果の観察・判定に役立ちます。
検査時間:5分

 

 

病理検査

病理検査とは、組織や細胞の顕微鏡的観察により病変を診断する検査です。
正確な診断により、迅速な治療に貢献できるよう認定病理医1名と細胞検査士2名で業務を行なっています。検査には大きく分けて、病理組織検査、細胞診検査、術中迅速組織検査、解剖の4項目があります。

◆病理組織検査◆

内視鏡検査などで組織の小片を採取し病変を調べる生検と手術で摘出された臓器から病変を調べる病理診断があります。
診断のできる形(標本)にするまで細かな作業による多くの操作過程を必要とします。

操作手順

byouri_31.jpg byouri_32.jpg
ホルマリン固定後病理医により組織の切り出しが行われます 組織にパラフィン(蝋のようなもの)を浸透させます
byouri_33.jpg byouri_34.jpg
カセットに組織を入れてパラフィンを注入しブロック状にします ブロック状の組織を約3μmの厚さに薄切しスライドに貼り付けます
byouri_35.jpg
ヘマトキシリン・エオジン染色を行います

作製した標本を病理医が顕微鏡で観察し、疾病の良・悪の判定や病変の本態、広がりを解析し診断を行い臨床側へ報告します。

◆細胞診検査◆

喀痰、尿、気管支擦過・洗浄液、体腔液、乳腺、甲状腺、などの検体中に悪性細胞がないかどうかを顕微鏡にて確認し判定します。
また、細胞以外にもウィルス感染の有無や炎症など臨床側へ報告します。

byouri_37.jpgbyouri_38.jpg
腹水中に出現した腺癌細胞(左:ババニコロウ染色 右:PAS染色)

◆術中迅速組織検査◆

byouri_36.jpg 術前に確定診断がついていない場合あるいは切除範囲を決める場合に手術中に組織検査を行ない迅速に報告します。
組織を凍結し、マイナス20度位の機械内で約5〜7マイクロの厚さに薄切し短時間でHE染色を行います。
病理医が顕微鏡で見て診断し、手術室に報告します。

 

<h3″>◆病理解剖◆

患者さまの亡くなられた後、ご遺族の承諾を得てご遺体を観察し病理組織検査をすることです。
病因と病変の状態を調べ臨床診断をさらに正確にする為に行ないます。

参加外部精度管理

日本臨床衛生検査技師会臨床検査精度管調査
九州臨床検査精度管理研究会
福岡県医師会臨床検査精度管理調査
日本医師会臨床検査精度管理調査

ninnsyou.PNG

 検査データの質の向上、信頼性を維持管理するために、日本臨床衛生検査技師会主催の外部精度管理調査およびデータ標準化事業に参加し、当院臨床検査科も精度保証施設の基準を満たしていると判定され、「精度保証認証施設」に認定されました。

学術活動

平成27年度
・佐藤 房枝
女性を活きる
福岡県臨床衛生検査技師会主催 女性部会講演会
2015.9.12 黒崎コムシティ 北九州市

・浦田 将志
臨床検査技師をめざす学生へ
美萩野臨床医学専門学校主催講演
2015.4.8 美萩野臨床医学専門学校 北九州市

平成26年度
・丸尾康輔 浦田将志
ルーチンに役立つ検査知識
今さら聞けない血液型検査 ~血液型異常反応の対応~
日本臨床検査技師会北九州地区研修会
2014.12.17 製鉄記念八幡病院 北九州市

・佐藤房枝
人は成長する ~前を向いて歩こう~
福岡県臨床衛生検査技師会主催 女性部会講演会
2014.12.13 浜の町病院 福岡市

・西山聖美
精度保証施設認定の取得について
福岡県臨床衛生検査技師会主催 精度管理研修会
2014.10.14 北九州市立医療センター 北九州市

・西山聖美 丸尾康輔 佐藤房枝
臨床検査科の構築 ―6年間の取り組み―
医療法人共愛会主催 第10回KAIZEN研究発表会
2014.6.28 ウェル戸畑 北九州市

・佐藤房枝
リハビリテーションスタッフのための臨床検査講座
『知って役立てよう臨床検査』
北九州地区リハビリテーション技師研修会
2014.6.20 戸畑リハビリテーション病院 北九州市

平成25年度
・丸尾康輔・浦田将志
新人輸血実技講習会『ABO式血液型の実習と解説』
日本臨床検査技師会北九州地区研修会
2014.02.15 美萩野医学専門学校 北九州市

平成23年度
・佐藤 房枝
臨床検査科の院内活動について
福岡県臨床検査技師会主催 第34回臨床検査ゼミナール
2012.03 総合保健福祉センター(アシスト21) 北九州

・森光 洋介、高山 成吉、宗 宏伸、名嘉眞 陽平、新田 智之、一本杉 聡
生検診断困難であった浸潤性小葉癌の2例
第19回日本乳癌学会学術総会
2011.09 仙台国際センター 仙台市

・佐藤 房枝、箕内 順子
Clear cell sarcoma の一例
福岡県臨床検査技師会主催 第21回福岡県医学検査学会
2011.07 KMMビル 北九州

・川口 美香 大迫 晃子 中村 俊夫 松家 奈美 西山 聖美 佐藤 房枝
癌性心膜炎で心タンポナーデを来した1例
福岡県臨床検査技師会主催 第21回福岡県医学検査学会
2011.07 KMMビル 北九州

・箕内 順子 佐藤 房枝 森光 洋介
膀胱の大細胞神経内分泌癌の一例
日本臨床細胞学会主催 第52回日本臨床細胞学会総会(春期大会)
2011.05.21-22 福岡国際会議場  福岡市

平成22年度
・丸尾康輔 浦田将志 熊谷恵理子 山本典子 神尾美紀 松末阿弥子 飯田直之 佐藤房枝
抗KANNO抗体が同定された1症例
福岡県臨床検査技師会主催 第20回福岡県医学検査学会
2010.7.25 天神ビル 福岡市

平成21年度
・浦田将志 丸尾康輔 熊谷恵理子 佐藤房枝
輸血検査における非特異的凝集反応への対策
医療法人共愛会主催 第6回KAIZEN研究発表会
2010.3.13 ウェル戸畑大ホール 北九州市

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人 共愛会 戸畑共立病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.