外来・入院 リハビリテーション 地域包括ケア 緩和ケア etc

えんげ外来

えんげ外来

口から食べることは生きる喜びと楽しみを味わえる、人として極めて意味のあることです。年をとるとあらゆる面で体の機能が低下し、栄養が足りなかったり、偏りがあればますます体は衰えてしまいます。加齢による体の衰えは避けられないことですが、症状の改善にも気を配りながら美味しく味わい続けたいものです。

脳卒中の後遺症や認知症、加齢などにより様々な症状が出て肺炎を繰り返す方などを対象に、早期発見・早期対策を図るため『えんげ外来』を開設いたしました。

えんげ(嚥下)とは?
食べ物を口に入れて噛んで飲み込む、つまり「モグモグ・ゴックンと食べる」ことをいいます。

 

えんげ障害とは?
食事中にむせたり、飲みにくくなって食べることが難しくなることです。飲み込みだけでなく、食べ物を口に入れることや、噛むことの障害、さらに認知症のために食べ物を認識できず、「食べたい」という気持ちが起こらなくなることも含まれます。

 

最近こんな症状はありませんか?

・むせる、咳込む                 ・口から食べ物がこぼれる、よくこぼす
・食事のあと痰がからんだようなガラガラ声になる  ・食べにくい
・飲み込むと違和感や痛みがある          ・食事で疲労する、時間がかかる
・発熱を繰り返す                 ・痰が多い

このような症状があれば、『えんげ障害』が原因で起こっている場合がありますので、一度専門的な検査を受けてみられることをお勧めします。

 

診察の流れ

問診
食事や飲み込みについての質問を医師および言語聴覚士が行います
必要であれば翌週内視鏡や造影検査の実施
のどの動きなどを観察します
診断
のどの動き、誤嚥の有無などを評価します
栄養指導・リハビリ指導
安全な食事形態・食べ方・姿勢などの指導を行います。必要な場合は、自宅で出来る訓練の指導を行います

リーフレットダウンロード

PDF形式 画像をクリックするとご覧になれます
enge.jpg

ご相談・お問い合わせ・診察のご予約

『えんげ外来』は完全予約制です。事前に電話などで相談およびご予約ください。
尚、受診の際はかかりつけ医の診療情報提供書が必要となります。
診察日  毎週金曜日 午後2時~3時半
担当医  木村 英一医師

お問い合わせ先
戸畑リハビリテーション病院 地域連携室
北九州市戸畑区小芝2丁目4番31号
電話 093(861)1799(直通)
(月曜~金曜の9:00~17:00まで)

PAGETOP
Copyright © 戸畑リハビリテーション病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.