社会医療法人 共愛会

“えんげノート”を導入しました。

約 2 分

大学教授から戸畑共立病院へ

大学教授から戸畑共立病院へ。
明石英俊先生が常勤医として、戸畑共立病院で血管外科及び足の外科を開始します。
大学教授から戸畑共立病院へ

戸畑リハビリテーション病院では、脳卒中の後遺症や認知症、加齢などによる体重減少や誤嚥性肺炎の予防目的で、早期発見・早期対策を図る『えんげ外来』を開設しています。今回、当外来受診時の嚥下機能の状態や食事・リハビリ内容指導などの情報をかかりつけ医や施設、ご家族と共有を図るために、独自の“えんげノート”を作成しました。
“えんげノート”を日々の生活に活用し、毎日の食事を美味しく食べて頂くお手伝いをさせて頂ければと思います。
食事でむせる、食事で疲労する、時間がかかるなどの症状があれば、えんげ障害が原因で起こっている場合がありますので、一度ご相談ください。

お問い合わせ
戸畑リハビリテーション病院 地域連携室
北九州市戸畑区小芝2丁目4番31号
電話 093(861)1799(直通)
(月曜~金曜の9:00~17:00まで)