各種健診 女性健診 人間ドック メディカルフィットネス

院長挨拶

  • HOME »
  • 院長挨拶

ご挨拶

 明治時代日本の平均寿命は40代前半でした。男女ともに50歳を超えたのは1947年、75歳を超えたのは1986年です。我が国の平均寿命は短期間で飛躍的に伸び、世界トップクラス(2016年:男性80.98歳、女性87.14歳 男女共世界二位)となりましたが、一方で“健康寿命”との差、すなわち日常生活に制限のある不健康期間が男性でおよそ9年、女性では12年と言われています。これは支援や介護を必要とする期間が9年~12年あるということを示しています。いつまでも元気で過ごすためには“健康寿命”を伸ばすことが必要なのです。そして、この“健康寿命”が延びると本人のQOL(生活の質)の維持・向上はもとより、地域の活性化につながり、結果的には医療・介護費用の増加を抑えることができると期待されています。

この“健康寿命”の延伸のため必要となるのが、定期的な検査の実施です。代表的な例として健診(定期健診、人間ドック、特定健診、がん検診など)を挙げることができます。健診とは「健康診断」の略称で、さまざまな病気の可能性を踏まえた上で全身を調べることにより、病気の早期発見に繋げます。病気の早期発見・早期治療に繋げるためにも毎年欠かさず「健康診断」を受けるようにしましょう。

さらに“健康寿命”の延伸には積極的な健康づくりも必要です。併設の『メディカルフィットネス戸畑』では、中高年の方の筋力・体力づくりや健康維持・増進、生活習慣病の予防・改善などお一人おひとりにあったプログラムで優しいフィットネスを提供しております。なお、肩・膝・腰痛などある方には、症状に応じて運動プログラムを作成しておりますので、お気軽にご相談ください。

また、当クリニックの特徴といたしまして、女性検診:レディックを開設し、専用フロアで子宮頸がん検診・乳がん検診を女性医師・女性スタッフで実施しております。女性の方は、特定健診や他のがん検診と組み合わせて同日に検査を実施出来ます。

ご自身の健康寿命延伸のために、当院を活用していただけると幸いです。どうぞお気軽にお越しください。

社会医療法人 共愛会
とばたクリニック
院長 江口 俊郎

PAGETOP
Copyright © とばたクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.