救急・急性期・地域支援・がん治療

医療安全室

概要

当院では、患者様に信頼される医療の提供と医療の質向上を求めていくことを当院の医療安全の基本姿勢とすることを目的に、医療安全管理室が設置されています。

院内全部署に配置されている医療安全推進者(セーフティ・マネージャー)とともに、それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と医療施設全体の組織的な事故防止対策の2つの対策を推し進めることによって、医療事故の発生を未然に防ぎ、患者様が安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標とし、活動しています。

anzen_logo2.png当院では、医療安全を推進するメンバーとして各部門に、
セーフティ・マネージャーを配置しています。
セーフティ・マネージャーは、胸元にバッチをつけています。

医療安全に関する活動内容

職員研修

  • 医療に関わる安全管理のための基本的考えや具体的対策についての研修
  • RCA分析(根本原因分析)
    KYT(危険予知トレーニング)のグループワーク研修
  • BLS講習会(1回/月)とICLS研修会(2回/年)
  • e-learningを活用した対象別講習
全体講習会風景

全体講習会風景

PCA研修会風景

グループワーク研修風景

 

報告体制と事例検討、分析

すべての職員は、院内で発生した事象を速やかに院内電子報告システムに登録し、医療安全管理者、各セーフティ・マネージャーが情報共有できるようにしています。
その情報をもとに、事象の発生状況などの情報収集、分析、再発防止策を検討しています。その後、各部署へフィードバックして、実施状況などを評価しています。

院内安全ラウンド

指差し呼称ラウンド

ラウンド風景

生体情報モニタラウンド

ラウンド風景

現場の現状を把握するため、定期的にラウンドを実施しています。

  • ハリーコールの番号、AED設置場所などの周知状況の把握
  • 転倒・転落、環境
  • 生体情報モニタアラーム
  • 呼吸器ケア関連
  • 事例分析PDCA

周知及び啓発活動

  • 医療安全ニュース
  • 医療安全管理室便り
    実際に起こった事例や各部署の取り組み、他施設で発生した事故報道などを取り上げ全職員周知しています。
  • 医療安全推進月間(2回/年)
    各部署でテーマに沿った目標を掲げ、医療安全文化醸成に向けた取り組みを行っています。

news.PNG

患者様へ

当院では、医療安全の一環として安全確認のため、患者様の「フルネーム」だけでなく、「生年月日」も確認させていただいています。
患者様ご自身でも、お名前の確認をしていただくなど、ご協力をお願いします。
定期的に、1階フロアの掲示板に様々な情報提供をさせていただいています。
また、診察の待ち時間にも読んでいただけるよう患者様用パンフレットを作成し、1,2階診察室前、病棟フロアなどに設置しております。

患者様パンフレット

患者様パンフレット

1階フロア掲示

1階フロア掲示

医療安全委員会 RRT

医療安全管理委員会 RRT

戸畑共立病院では、2015年1月より医療安全管理委員会-RRT-が発足し、活動を開始しています。

活動内容
・BLSコース(月1回)の開催
・ICLS、院内トリアージ、インストラクター養成の各コース(年2回)の開催
・共愛会BLSインストラクターの育成
・ハリーコールシミュレーションへの介入 など

”共愛会BLSインストラクター”認定制度
“共愛会BLSインストラクター”認定制度は、BLSコースの講師として一定の知識・技術を有していることを認定したものです。
法人内で決められた条件をクリアし、質の高い救急対応ができ、且つそれを人材育成に活かすことが出来る人材です。

認定・更新条件
認定されるには、2年以内にBLSコース、ICLSコース、インストラクター養成コースを受講し、尚且つこれらの講習会のアシスタントを
行い、実戦経験を積んだ者に受験資格が与えられます。そして、戸畑共立病院医療安全管理委員会の認定試験を受け、合格した者が“共愛会BLS
インストラクター”として認められます。

其々のコースを修了するとシールが貰え、BLSインストラクターに認定されるとバッヂと認定書が贈られます。更新条件を設けており、認定日
から認定満了日までの2年間、院内の関連講習会においてインストラクターとして10回以上活動し、常に実戦経験を積んでおかなければ更新され
ません。

(左から)BLSコース修了シール、ICLSコース修了シール、BLSインストラクター認定バッジ

BLSロゴ緑.jpg

ICLS黄ロゴ.jpg

BLSインストラクターロゴ青.jpg

 

※第1回認定合格者と下河辺院長、宗統括副院長

※第1回認定合格者と下河辺副理事長、宗統括副院長

講習会開催報告

宮川塾と称し、院内トリアージコース、インストラクター養成コース、ICLSコースを2015年7月18、19日に開催しました。

【1日目 午前】院内トリアージコース

トリアージコース座学風景.JPG
座学から始まりました。トリアージの概論、ポイントの講義を受けました。

グループワーク風景.JPG
(グループワーク風景)症例の記載された様々なカードを使い、机上でシミュレーショントレーニングをしました。

実技演習風景.JPG
(実技演習風景)受講者たちが医療者側と患者役に分かれ、実際にトリアージをしました。

【1日目 午後】インストラクター養成コース
⇒インストラクターとして、受講者に“達成感”を感じさせ、更に高い山に挑戦し続ける動機付けができることを目標とした内容でした。

インストラクター養成コース①.JPG

インストラクター養成コース②.JPG

【2日目 終日】ICLSコース
⇒BLS、AED、除細動器、シミュレーションと多彩な内容で、受講者たちに知識・技術の向上とともに救急対応に対する意識変化がみえた
内容でした。

ICLSコース風景.JPG

ICLS集合写真.JPG

最後に

RRTは、“院内の救急対応の質の向上と、それを目指した継続的教育活動”
を目的に、チーム医療にて質の向上を図っています。

RRTリーダー
臨床工学技士 灘吉進也

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人 共愛会 戸畑共立病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.