リニアック

linac当院での放射線治療の主軸となっているリニアック装置です。
この装置は、体内の三次元の情報を基に、日々の身体の動きや呼吸の動き、臓器の動きなどの時間軸を制御して、より病巣に放射線を集中させ、正常組織に放射線を当てずに四次元での治療が可能です。
強度変調放射線治療(IMRT)とは、病巣が正常組織に近接している場合に行います。周囲の正常組織に当たる線量を下げ、病巣には大線量を当てることが可能となります。これにより、副作用を減らすことができ、より良い治療が行えます。
また、強度変調放射線治療(IMRT)の中でも最先端治療技術を用いて、回転しながら強度を変調させて治療する回転型強度変調放射線治療(VMAT)を当院では行っています。これにより、治療時間が約20分から10分以下と大幅短縮となり、患者様への長い治療時間の苦痛を和らげることが可能になっています。
緩和治療(転移性骨腫瘍)から根治治療までIMRTやIGRTを駆使し治療を行います。

適応疾患

頭頚部癌
食道癌
肺癌などの呼吸性移動臓器
転移性骨腫瘍など