トモセラピー

6.png

北九州で第1号機目となる最先端放射線治療装置です。

この装置は患者様の体の周りを360度回転しながら、当てたいところだけに集中して治療が行えるIMRT専用機です。

従来の治療法では腫瘍近辺の正常組織にまで放射線が当たってましたので、副作用がありました。しかしトモセラピーでは腫瘍にはそのままで、正常組織にあたる線量をかなり抑えることが可能ですので副作用の少ない治療ができます。

治療時間も治療室に入り、治療終了までが約10分と短くなっています。

只今乳房温存術後の放射線治療に関しましてもトモセラピーを用いることで従来法よりもよりよい治療を行えるようになっております。

また、骨髄移植前の全身照射を行えるよう準備を進めています。

適応疾患

前立腺

頭頚部

乳腺

腹部・骨盤内腫瘍など