救急・急性期・地域支援・がん治療

看護部

ご挨拶

看護部長 早川洋子

_DSC2748.JPG

社会医療法人共愛会は、北九州市戸畑区を拠点に一大医療ゾーンを形成し、市内外から多くの患者さんをお迎えしてきました。
グループの中核施設である戸畑共立病院は、明治45年(1912年)の創業で102年を迎え、平成20年5月に、現在の戸畑区沢見地域に新築移転し、今年で6年目を迎えました。
看護部は、病院の中で最も大きな組織であり、看護を取り巻く諸政策の改革への対応及び労働環境の改善を目的として、平成25年2月に看護部長の交代がありました。
私の役割として、「新しい組織づくり」に着手し、病院の理念と看護部の理念の整合性を図り、安全で安心した医療を提供し、地域の人々に求められる病院を目指して行きたいと考えています。又、看護師としての誇りを持ち、”魅力ある職場”になれるように勤務環境を整備することで、スタッフが生き生きと働き続けられること、より良い人間関係を築き、チームワークの取れた組織づくりをして行きたいと思います。

看護部 理念・方針

○看護部理念

病院の理念と方針を基に、社会の変動や医療の進歩に応じた患者中心の看護、人間性豊かな看護を提供します。

○看護活動の方針

1.私達は、いつも笑顔で患者さまの立場でケアを行います。
2.私達は、自ら挨拶を実行し廻りの人々へ挨拶の輪を広げます。
3.私達は、安全・安楽を基本にケアを行います。
4.私達は、患者様の疑問に対して誠意を持って説明を行います。
5.私達は、常に自己研鑽し専門職としての質の向上に努めケアを行います。
6.私達は、「私や家族が受けたい看護」=「心のこもった看護」を目指します。
7.私達は、患者様の基本的人権を尊重し、個人情報保護方針を定め確実な励行に努めます。

○看護活動の方針

1.看護の質保証に向けた組織づくり
2.クリニカルラダーを活用したキャリア開発・人材育成
3.看護組織の活性化

看護部のご紹介

感性豊かな、まごころのこもった看護を提供します。
当院では、一人ひとりの患者さまの看護に責任が持てるよう、受持看護制をとっています。
患者さまが入院されますと、受け持ち看護師が入院から退院までの看護を担当させていただきます。

○看護体制

看護スタッフは、入院患者様7人に対し1人以上を配置しています。

各部門のご紹介

救急センター

救急センター 写真.JPG 当救急センターでは、平成24年度に救急看護認定看護師が1名誕生し、平成26年度より救急救命士の採用が開始となり、より迅速でかつ的確な救急医療の提供に努めています。
当救急センターには、様々な病状を発症した患者様が来院します。患者一人一人の訴えを聞き、症状に対して正しいケアを提供するため、実技指導や勉強会を開催し、レベルアップを図っています。
早期診断につながる診療補助を行い、患者様だけでなく、そのご家族にも寄り添った思いやりある看護が提供できるよう、スタッフ一丸となって日々努力しています。
救急センターについてはこちらでご紹介しております。

 

集中治療室(HCU)

post_img_icu.jpgHCUとはHigh Care Unit(ハイケアユニット)の略称で、高度治療室とも呼ばれます。ICU(集中治療室)と一般病棟の中間に位置し、内科系・外科系を問わず、集中的に治療・看護が必要な方が入室されています。
平成26年7月1日、4階西病棟と4階東病棟にあったHCUを5階東病棟に統合し、新設されました。
ICU・一般病棟・各科との連携を図り、患者さまに質の高い医療を提供できるようスタッフ一同努力してまいります。

 

がん治療センター

がん治療センター 写真.JPG がん治療センターでは、放射線治療を主体とした、化学療法・温熱治療・高気圧酸素治療の併用治療を積極的に行っています。
患者様が治療を安全・安楽に受けることができるよう、また、自宅での生活や普段の社会生活を送りながら、快適に安心してより良い医療を受けることができるよう支援に努めています。
スタッフ間で毎日ミーティングを行い、医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカー等コメディカルと協働しサポートできる体制を整えています。
外来の限られた時間の中で、「いつでも相談できる」「頼りになる」という安心感を提供できるようにスタッフでサポートしていきます。

 

外来

post_img_gairai.jpg 戸畑共立病院外来は、1階フロアーに内科・外科・形成外科・整形外科・脳外科・泌尿器科があり、2階フロアーには、歯科口腔外科・眼科・消化器病センターの診察があります。平成27年度にはIBD外来、平成28年度には大腸・肛門科など毎年専門外来も増えてきています。
私達外来看護師は、ドクターズクラークとともに救急センター・地域連携室・受付・検査科、放射線科と連携をとり、紹介・新患・再来患者様のスムーズな診療と患者様に満足していただける外来診療を心掛けています。看護師は、専門的な知識や技術・ケアを提供し、患者様が安心して在宅での生活、治療ができるよう日々頑張っています。

 

手術室

8ba497a78ac58cec-8ee88fp8eba8fw8d87.jpg 当手術室は4室(うちバイオクリーンルームが1室)あり、各科(外科・呼吸器外科・整形外科・泌尿器科・形成外科・眼科・脳神経外科・歯科口腔外科・腎内科)に特化した部屋、機材、手術器具を揃えております。
近年、腹腔鏡下の手術が増加したため、外科手術用3D内視鏡システムを導入しました。映像が3Dになることで視覚情報が格段とアップし、高度で質の高い手術をより安全に行うことが可能となりました。また手術時間短縮にも期待ができ患者様の体への負担も軽くなると思われます。
現在手術室は、常勤麻酔科医、看護師、ケアワーカー、また当院の特徴ともいえる手術補助での器械だしができる臨床工学技士、器械専従の臨床工学技士と豊富なスタッフが揃っており、お互い協力し合いながら手術に対応しております。
手術件数は年々増加し、各科共に先端の手術も増えておりますが、月1回の手術室会議、朝の術前ミーティング、手術前の3分ミーティングを通して患者様の情報共有を図り、安全・安楽な手術が提供できるように日々努めています。

 

透析センター

人工透析とは腎炎、高血圧、糖尿病などにより腎臓が機能しなくなった人に対して腎臓の代わりに機械を使用し血液中の老廃物の除去や水分を取り除く治療です。
当透析センターは、ベッド数19床、月水金2クール、火木土1クールで透析治療を行っています。
外来維持透析の方をはじめ、他科の治療目的での入院透析も随時受け入れています。
近年は、高齢の透析患者様も増加し、看護師の役割も大きくなっています。私達透析センタースタッフは、患者様のQOLの向上のため、水分、食事管理など日常生活に対する支援を行い、病状に合わせた治療と看護が提供できるよう日々努力しています。

3階東病棟

3階東 写真.JPG 3階東病棟は整形外科・泌尿器科を主体とした病棟です。整形外科では、大腿骨頚部骨折や足関節の骨折・脊椎疾患の患者様が入院され、最近では手外科の患者様が多く来院され、短期間の入院が増えています。当科では週2回、医師・看護師・リハビリスタッフ・栄養士・ソーシャルワーカーと総合回診を行い、患者様の情報共有を図り、異常の早期発見や安全安楽に入院生活が送れるように努めています。
泌尿器科では、前立腺がん・膀胱がんをはじめ泌尿器のがん治療を中心にしており、放射線療法、化学療法、手術療法などのがん治療を受けられる患者様が多く入院されています。前立腺がんの治療としては密封小線源治療を行っています。これは、専任の医師と許可された場所でないとできない治療です。最近では、短期間入院と遠方からの患者様も多く入院されています。
3階東病棟は、ほぼ毎日手術があり患者様の入退院も著しいですが、安全に安楽に入院生活が送れるように努力しております。また私たちは誰に対しても、優しく・思いやりがあり、明るく、笑顔の多い病棟であるように心掛けしております。

 

3階西病棟

3階西 写真.JPG 3階西病棟はがん治療、脳外科、歯科を主体とした病棟です。病床数は40床+化学療法室4床です。最先端の放射線治療や化学療法を組み合わせておこなっています。更に効果を高める温熱療法や高気圧酸素療法を併用して、副作用が少なく、より根治度の高い集学的医療を目指しています。病棟内で行われる化学療法は、安全かつ的確に行われるように勉強会を行い、カンファレンスをしながら、この病院で治療して良かったと思われるような、心のこもった看護ができるように日々努力しています。
また、がん性疼痛にはHOサポートチーム(緩和ケアチーム)の介入、栄養状態の改善にはNST(栄養サポートチーム)、嚥下機能低下にはSST(摂食嚥下サポートチーム)の介入など多職種協働でチーム医療を行っています。

 

4階東病棟

48ak938c81408eca905e.jpg 4階東病棟は、肝臓内科・腎臓内科・呼吸器内科・循環器内科・内分泌代謝内科・眼科を専門とした病棟です。様々な疾患に対応して看護が出来るように日々頑張っております。病棟の特徴として、1回/週糖尿病カンファレンスを開き、患者様個人個人にあった医療の提供のために他職種と頑張っています。また、肝臓チームを他職種と結成しており、肝臓疾患の患者様に継続して安心した治療が受けれる様に、信頼される病棟作りを目指しています。
働くママも多く在籍しており、明るくアットホームな病棟です。スタッフ同士のコミュニケーションを密にして協力し合い、患者様の尊厳を尊重し、出来るだけ患者様の立場に立った看護が出来るように他職種とも協力し合っています。

 

4階西病棟

4階西 写真.JPG 4階西病棟は、外科・消化器内科・脳外科・形成外科の混合病棟です。主に消化器系の疾患を受け入れており、ベッド数は45床あります。
周術期看護や内視鏡看護を中心にスタッフ一同、より良い看護を提供出来るよう、元気に頑張っております。入院当初から、患者様に安心・安全・安楽を配慮し、笑顔で退院していただく事を目標に、努力して参ります。

 

○認定看護師について

認定看護師のご紹介はこちらから

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人 共愛会 戸畑共立病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.