ご挨拶

社会医療法人共愛会は、北九州戸畑区を拠点に一大医療ゾーンを形成し、その中でも戸畑共立病院は、「救急医療」「がん治療」「地域医療支援病院」の3本柱を軸に急性期医療担う病院として、地域の方々と共に歩んできました。昨年からは、災害拠点病院としての役割も任せられることになり、病院内で最多職員を抱える看護部への期待も高くなっています。
看護部長として患者とその家族に安全・安楽な看護を提供していくことを第一に、働きやすい職場環境づくりに力を入れています。スタッフ一人ひとりが患者やその家族に優しく、笑顔を絶やさずに相手の立場に立って、考え、行動できる自律した看護部職員育成に努めてまいります。

看護部長 早川洋子

 看護部 理念・方針

○看護部理念

病院の理念と方針を基に、社会の変動や医療の進歩に応じた患者中心の看護、人間性豊かな看護を提供します。

○看護活動の方針

1.私達は、いつも笑顔で患者さまの立場でケアを行います。
2.私達は、自ら挨拶を実行し廻りの人々へ挨拶の輪を広げます。
3.私達は、安全・安楽を基本にケアを行います。
4.私達は、患者様の疑問に対して誠意を持って説明を行います。
5.私達は、常に自己研鑽し専門職としての質の向上に努めケアを行います。
6.私達は、「私や家族が受けたい看護」=「心のこもった看護」を目指します。
7.私達は、患者様の基本的人権を尊重し、個人情報保護方針を定め確実な励行に努めます。

○看護活動の方針

1.看護の質保証に向けた組織づくり
2.クリニカルラダーを活用したキャリア開発・人材育成
3.看護組織の活性化

看護部のご紹介

感性豊かな、まごころのこもった看護を提供します。
当院では、一人ひとりの患者さまの看護に責任が持てるよう、受持看護制をとっています。
患者さまが入院されますと、受け持ち看護師が入院から退院までの看護を担当させていただきます。

○看護体制

看護スタッフは、入院患者様7人に対し1人以上を配置しています。

各部門のご紹介

救急センター

当センターは、2次救急を中心とした医療機関であり、救急担当医師を始め看護師・救急救命士・その他のメディカルスタッフが一丸となって救急医療提供の充実を図っています。
また、緊急性の高い患者を早期に診療できるよう、院内トリアージを実施しています。
MC (メディカルコントロール)や派遣型ワークステーション実習を受け入れ、近隣の消防機関と救急医療機関と情報交換を行い連携して、救急医療の質の向上を目指しています。
また、災害拠点病院としてDMATを保有し、被災地への派遣や実働訓練を行っています。
地域医療支援病院として24時間態勢で地域に根ざした救急医療を実践しています。

 

がん治療センター

がん治療センターでは、放射線治療を主体とした、化学療法・温熱治療・高気圧酸素治療の併用治療を積極的に行っています。
患者様が治療を安全・安楽に受けることができるよう、また、自宅での生活や普段の社会生活を送りながら、快適に安心してより良い医療を受けることができるよう支援に努めています。
スタッフ間で毎日ミーティングを行い、医師・看護師・薬剤師・ソーシャルワーカー等コメディカルと協働しサポートできる体制を整えています。
外来の限られた時間の中で、「いつでも相談できる」「頼りになる」という安心感を提供できるようにスタッフでサポートしていきます。

 

外来

戸畑共立病院外来は、1階フロアーに内科・外科・形成外科・整形外科・脳外科・泌尿器科があり、2階フロアーには、歯科口腔外科・眼科・消化器病センターの診察があります。平成27年度にはIBD外来、平成28年度には大腸・肛門科など毎年専門外来も増えてきています。
私達外来看護師は、ドクターズクラークとともに救急センター・地域連携室・受付・検査科、放射線科と連携をとり、紹介・新患・再来患者様のスムーズな診療と患者様に満足していただける外来診療を心掛けています。看護師は、専門的な知識や技術・ケアを提供し、患者様が安心して在宅での生活、治療ができるよう日々頑張っています。

 

集中治療室(HCU)

高度な治療を必要とする緊急入院や重篤患者、手術後の患者さまが入室する病棟です。
4:1の看護配置であり手厚い看護ケアができる環境となっています。
入室される患者さまの異常の早期発見に努め、不安などに関して精神的看護にも心掛けています。
他職種とも連携し、継続看護ができるように努めています。

 

 

手術室

当手術室は4室(うちバイオクリーンルームが1室)あり、各科(外科・呼吸器外科・整形外科・泌尿器科・形成外科・眼科・脳神経外科・歯科口腔外科・腎内科)に特化した部屋、機材、手術器具を揃えております。
近年、腹腔鏡下の手術が増加したため、外科手術用3D内視鏡システムを導入しました。映像が3Dになることで視覚情報が格段とアップし、高度で質の高い手術をより安全に行うことが可能となりました。また手術時間短縮にも期待ができ患者様の体への負担も軽くなると思われます。
現在手術室は、常勤麻酔科医、看護師、ケアワーカー、また当院の特徴ともいえる手術補助での器械だしができる臨床工学技士、器械専従の臨床工学技士と豊富なスタッフが揃っており、お互い協力し合いながら手術に対応しております。
手術件数は年々増加し、各科共に先端の手術も増えておりますが、月1回の手術室会議、朝の術前ミーティング、手術前の3分ミーティングを通して患者様の情報共有を図り、安全・安楽な手術が提供できるように日々努めています。

 

透析センター

人工透析とは腎炎、高血圧、糖尿病などにより腎臓が機能しなくなった人に対して腎臓の代わりに機械を使用し血液中の老廃物の除去や水分を取り除く治療です。
当透析センターは、ベッド数19床、月水金2クール、火木土1クールで透析治療を行っています。
外来維持透析の方をはじめ、他科の治療目的での入院透析も随時受け入れています。
近年は、高齢の透析患者様も増加し、看護師の役割も大きくなっています。私達透析センタースタッフは、患者様のQOLの向上のため、水分、食事管理など日常生活に対する支援を行い、病状に合わせた治療と看護が提供できるよう日々努力しています。

 

3階東病棟

3階東病棟は主に整形外科・泌尿器科の診療科の病棟です。
整形外科では、大腿骨頚部骨折や手足関節の骨折、脊椎疾患の患者さまが入院されています。
泌尿器科では、前立腺がん・膀胱がんをはじめ、放射線療法、化学療法、手術療法などのがん治療を受けられる患者さまが多く入院されています。
病棟では、医師・看護師・リハビリスタッフ・栄養士・薬剤師・ソーシャルワーカーと専門的知識を持ち情報共有することで速やかに回復できるようチームで医療を行っています。スタッフ一同、入院中の患者さまの療養環境を整え、安全・安楽な入院生活が送れますよう常に心がけて努力しています。

 

3階西病棟

3階西病棟はがん治療、脳外科、歯科を主体とした病棟です。病床数は40床+化学療法室4床です。最先端の放射線治療や化学療法を組み合わせておこなっています。更に効果を高める温熱療法や高気圧酸素療法を併用して、副作用が少なく、より根治度の高い集学的医療を目指しています。病棟内で行われる化学療法は、安全かつ的確に行われるように勉強会を行い、カンファレンスをしながら、この病院で治療して良かったと思われるような、心のこもった看護ができるように日々努力しています。 また、がん性疼痛にはHOサポートチーム(緩和ケアチーム)の介入、栄養状態の改善にはNST(栄養サポートチーム)、嚥下機能低下にはSST(摂食嚥下サポートチーム)の介入など多職種協働でチーム医療を行っています。

 

4階東病棟

4階東病棟は、肝臓内科・腎臓内科・呼吸器内科・循環器内科・内分泌代謝内科・眼化を専門とした病棟です。
病棟の特徴としましては、週1回糖尿病カンファレンスを開き個人個人に合った医療の提供のために他職種と連携をとったり、Drからの糖尿病に関する勉強会を行っています。
また、肝臓チームを作っており他職種と連携をとることで患者様に安心した治療が受けれるように頑張っています。
常に患者様の立場にたち、思いやりをもった看護が提供出来る事を目標にしております。
スタッフ同士のコミュニケーションも密に行い、働きやすく何でも相談しやすい病棟作りを目指しています。

 

4階西病棟

4階西病棟は、外科・消化器内科・脳外科・形成外科の混合病棟です。主に消化器系の疾患を受け入れており、ベッド数は45床あります。
周術期看護や内視鏡看護を中心にスタッフ一同、より良い看護を提供出来るよう、元気に頑張っております。入院当初から、患者様に安心・安全・安楽を配慮し、笑顔で退院していただく事を目標に、努力して参ります。

5階東病棟

5階東病棟は、内科・外科・整形外科・泌尿器科など様々な科の看護を行うための病棟です。
主に救急外来からの患者様の受け入れや夜間帯の術後の管理が必要となる患者様を中心に治療を行っています。
スタッフー丸となって思いやりのある看護を提供出来るように日々頑張っています。

○認定看護師について

戸畑共立病院では、患者さまにより安全な医療はもちろん、さらに専門的な医療を提供できるよう、認定看護師の育成に積極的に取り組んでいます。