社会医療法人 共愛会

看護師特定行為フォローアップ研修を実施

約 2 分

今回は以下のプログラムで実施致しました。
①「特定行為に係る看護師の研修制度」最新情報の提供

②中心静脈カテーテル挿入患者の感染管理の基本を学ぶ
~コロナ禍 ケアプロセスを振り返ろう~ 【講師:感染管理認定看護師 木原氏】

コロナ禍の感染対策における感染経路別予防は、一つ一つのケアプロセスが重要視されます。全国的に感染拡大している時期にタイムリーな情報共有ができました。

③ シュミレーター(鶏肉)を用いた縫合と抜糸の手技の確認 【講師:形成外科 髙橋医師】

“中心静脈カテーテル管理関連”の研修修了生が実際に縫合する機会は少ないようです。そのような経緯もあり、手技確認の企画を提案しました。医師指導の下、研修生は縫合手技を確認するとともに、抜糸技術に磨きをかけていました。

看護師特定行為研修事務局では、今後もより充実した研修を企画・運営してまいります。