社会医療法人 共愛会

第3回戸畑NST研究会を開催しました

約 2 分

大学教授から戸畑共立病院へ

大学教授から戸畑共立病院へ。
明石英俊先生が常勤医として、戸畑共立病院で血管外科及び足の外科を開始します。
大学教授から戸畑共立病院へ
市民公開講座開催終了

市民公開講座開催終了

2018年5月19日(土)、北九州国際会議場にて市民公開講座が行われました。 満員のご来場をいただき、盛会のうちに終了することができました。


 平成29年11月24日(金) 戸畑共立病院にて“第3回戸畑NST研究会”を開催しました。

第3回目を迎える今回は当法人の管理栄養士 堀美織、歯科衛生士 阪本匡子による一般演題と国立病院機構 熊本医療センターの摂食嚥下障害看護認定看護師の田平佳苗先生をお招きし、“チーム医療としての摂食・嚥下リハビリテーション~食べるリスクと食べないリスク~”を講演していただきました。

地域の病院や福祉施設、歯科医院の方、学生など130名を超える参加で熱気あふれる研修会となりました。

“食べることは人にとって大きな欲求なのでそれをどのようにアプローチするかを他方面から学べてとても充実した時間でした。”、“食事のポジショニング方法が詳しくわかり、とても良い講演でした。またの機会があればまた参加したいと思いました”、“経口摂取にむけての取り組みについて知ることが出来ました。その中でも摂食嚥下困難はよく悩んでいるところでしたがアプローチしていくことを学ぶことが出来ました。”などの声を頂き、実践的な内容で明日からの業務にお役立ていただけると感じました。

来年も11月頃に研究会を開催する予定です。