社会医療法人 共愛会

生涯学習講座(センター主催講座)の「ゲンキになる講座」が開催されました

約 2 分

大学教授から戸畑共立病院へ

大学教授から戸畑共立病院へ。
明石英俊先生が常勤医として、戸畑共立病院で血管外科及び足の外科を開始します。
大学教授から戸畑共立病院へ
市民公開講座開催終了

市民公開講座開催終了

2018年5月19日(土)、北九州国際会議場にて市民公開講座が行われました。 満員のご来場をいただき、盛会のうちに終了することができました。

平成29年11月29日(水) 北九州市立沢見市民センターで生涯学習講座(センター主催講座)の「ゲンキになる講座」が開催されました。

当日は戸畑リハビリテーション病院の管理栄養士 荒岡和也による「骨粗鬆症予防について」の講演と、理学療法士 桑名優輝による「肩こり・腰痛予防について」の実技を交えた講演を行いました。

地域住民の方が30名程参加され、活発な意見交換や追加の実技指導のご要望もあり、楽しく活気溢れる場となりました。参加者の皆様からは、「楽しい時間でした。このような講座が継続してあることを願っている」、「体操、ストレッチを多くして欲しい」、「カルシウムの多くとれる具体的なメニューをもっと知りたい」など、多数のご意見・ご要望も頂き、参加者のより質の高い健康の保持・増進への意欲を伺うことができました。

 

今回の講演会を通して、戸畑区には「自分自身の健康」について熱心に勉強されている健康意識の高い方々が多くいる事を実感しました。これを機に継続し次に繋げていくことが地域医療の土台作りではないかと改めて感じました。

今後とも地域住民の方々が元気に過ごして頂ける手助けを地域に根差した病院として取り組みたいと思います。