社会医療法人 共愛会

平成30年11月29日、戸畑共立病院にて第10回市民公開講座「がんと生きる」が開催されました

約 2 分

大学教授から戸畑共立病院へ

大学教授から戸畑共立病院へ。
明石英俊先生が常勤医として、戸畑共立病院で血管外科及び足の外科を開始します。
大学教授から戸畑共立病院へ


平成30年11月29日、戸畑共立病院にて第10回市民公開講座「がんと生きる」が開催されました。
今回は「脳腫瘍の放射線治療」について脳外科の鵜殿(うどの)医師よりお話ししました。脳腫瘍には原発性脳腫瘍と転移性脳腫瘍がある事と、これらの放射線治療について画像を用いて、途中に古代エジプトのミイラの話などを交えながら詳しく説明がありました。また、ソーシャルワーカーの細川より「大切な医療費のお話」として、公的医療保険では負担を軽くする制度がある事、しかし、手続きをしていないと利用できないことや加入している公的医療保険によって手続きの方法が異なることを、図や表を用いて説明しました。24名の参加があり、それぞれの講師に活発に質問をされていました。