骨粗鬆症外来

骨は加齢に伴い、骨の量が減ってスカスカの状態となり折れやすくなります。
この状態を骨粗鬆症といい、特に女性に多くわが国では約 1300 万人が罹患しているといわれています。骨粗鬆症は骨折の危険性が高い病気であり、骨折を起こすと寝たきりや慢性腰痛、要介護の原因にもなります。骨の健康を保つためには、すべての年齢層において、適度な運動や十分な栄養、日に当たることが大事です。骨粗鬆症の予防と早期発見にて超高齢社会をひとりでも多くの方がいきいきと健康的に過ごしていただくことを目的に『骨粗鬆症外来』を開設いたしました。

骨粗鬆症とは?
骨の成分であるカルシウムやたんぱく質が少なくなり、骨の組織が“鬆”が入ったように、スカスカになる状態です。そのために骨がもろくなり、軽い力が加わっただけでも骨折しやすくなります。

あなたの骨は大丈夫ですか?
骨粗鬆症になりやすい人
・閉経した女性・小柄で痩せている・運動不足
・牛乳、乳製品をあまり取らない・家族に骨粗鬆症の人がいる
・ステロイド薬を服用している・糖尿病、甲状腺などの病気がある
・タバコを吸う、アルコールをたくさん飲む

骨粗鬆症は、早期発見!早期予防!
一度、骨量を測定しましょう!

診察の流れ

診察
問診票記入後、医師が診察を行います。
検査
骨密度検査(共立病院)採血を行います。
治療
検査結果にて判断します。
必要時、栄養指導も行います
当院には骨粗鬆症マネージャーも在籍しております。
気になる事は、なんでもご相談ください。

ご相談・お問い合わせ・診察のご予約

「骨粗鬆症外来」は予約制です。
事前に電話等でご相談及びご予約下さい
尚、受診の際はかかりつけ医の診療情報提供書が必要になる場合がございます。
是非一度お問い合わせください。

診察日 :毎週月・火曜日
診療時間:9:30~12:00
診療医師:小牧 ゆか (整形外科専門医・日本骨粗鬆症学会認定医)

お問い合わせ先
社会医療法人共愛会 戸畑リハビリテーション病院
地域連携室
804-0092
北九州市戸畑区小芝 2 丁目 4 番 31 号
TEL:093-861-1799(直通)(月曜日から金曜日まで 9:00~17:00 まで)
E-mail:tobatareha@kyoaikai.com
社会医療法人共愛会