臨床検査科の概要(2018年5月1日現在)

dsc_9841.jpgがん診療ならびに救急医療の充実を目指す当院の臨床検査部門として、質の高いデータを迅速に提供できるよう技術の習得に努め、24時間・365日体制で検査対応しています。真心・信頼・向上心を胸に、常に最良の医療情報提供を目指して、私たちが検査をしています。

人員構成(常勤)

病理医 1名
臨床検査専従医 1名
臨床検査技師 18名
検査助手 2名

検査等関連資格の所有一覧

資格名称 人数 資格認定団体等
臨床検査管理医 1 日本臨床検査同学院
病理専門医 1 日本病理学会
死体解剖資格 1 日本病理学会
細胞診専門医 1 日本臨床細胞学会
細胞検査士 2 日本臨床細胞学会
国際細胞検査士 1 国際細胞学会
電子顕微鏡一般技術認定 1 日本顕微鏡学会
認定病理検査技師 1 日臨技認定センター
超音波検査士〔消化器〕 4 日本超音波医学会
超音波検査士〔体表臓器〕 4 日本超音波医学会
超音波検査士〔泌尿器〕 2 日本超音波医学会
超音波検査士〔循環器〕 1 日本超音波医学会
超音波検査士〔健診〕 1 日本超音波医学会
二級臨床検査士〔病理〕 1 日本臨床検査同学院
二級臨床検査士〔免疫血清学〕 1 日本臨床検査同学院
緊急臨床検査士 7 日本臨床検査同学院
一種衛生管理者 1 安全衛生技術試験協会
衛生工学衛生管理者 1 安全衛生技術試験協会
二種作業環境測定士 1 安全衛生技術試験協会
毒物劇物取扱責任者 2 都道府県
特定化学物質・四アルキル鉛等作業主任者 2 福岡県労働基準協会
有機溶剤作業主任者 2 福岡県労働基準協会
健康食品管理士 2 健康食品管理士認定協会
食品衛生管理者 1 厚生労働省
食品衛生監視員 1 厚生労働省

各検査部門の紹介

8eca905e7.jpg採血室は外来と臨床検査科の間に設置されており、外来患者様の採血や検尿の受付も臨床検査技師が行っています。

採血から結果報告までを臨床検査技師が行う事により、採血時の情報を把握し、それを検査結果に反映させることが出来ます。

post_img48.jpg生化学検査は病気の診断や症状の経過観察などに利用しますが、単一の項目だけでなく複数の項目やその他の検査との組み合わせによって疾患部位の特定や炎症、栄養状態の推測、治療効果の判定が可能となります。

また免疫血清検査は、癌の経過観察や治療方針の決定に関係する腫瘍マーカーや、ウイルスによる感染の有無、ホルモンの測定などを行います。

post_img39.jpg血液算定検査は赤血球や白血球などの血球数や形態、ヘモグロビン、ヘマトクリット値などを測定し、貧血や血液疾患の有無、炎症、感染の指標などに用いられます。
凝固線溶検査では、血液の固まりやすさや血栓の作りやすさなど、止血に関する検査を行いなっています。この検査は特に手術を行う患者様についてとても重要な検査となります。

post_img41.jpg消化管出血や手術、事故、血液疾患などにより、血液中の細胞成分や凝固因子などの血漿成分が不足した場合、それを補う為に輸血が行われます。しかし輸血は赤血球の破壊や肝炎などのウイルス感染、アレルギーなど、副作用の可能性は決してゼロではありません。
ここで行う検査は、輸血を安全に実施し副作用を可能な限り減らすために行われる検査です。

post_img40.jpg健診などでよく行われる検尿や検便の検査を主に行います。
検尿は尿中の糖や蛋白、赤血球だけでなく、膀胱炎などの細菌感染や炎症の有無、癌などの異常細胞の観察なども行います。
また、検便では大腸癌のスクリーニング検査でよく行われる便潜血検査を行っています。しかし便潜血検査は痔などでも陽性となってしまうため、その後の精査を行う必要があります。

a.png超音波を使って体内臓器の状態を画像として診断する超音波検査(心臓、腹部、甲状腺、乳腺など)や、身体から発生する微弱な信号を波形として評価する心電図検査、脳波検査など様々な検査業務を行っています。

kensa.jpg体から採取した組織や細胞を顕微鏡で観察して、病変を診断する検査です。

認定病理医1名と細胞検査士2名が、迅速な治療に貢献できるように標本の作製や診断業務などを行なっています。

検査実績

2017年度

・検体検査部門

一般検査 26,711 件
生化学検査 884,547 件
免疫検査 63,230 件
血液検査 95,901 件
細菌検査 11,574 件

・輸血検査部門

血液型検査 3,539 件
不規則抗体検査 1,295 件
交差適合試験 1,046 件
赤血球製剤 2,004 単位
血小板製剤 490 単位
新鮮凍結血漿 140 単位
アルブミン製剤 2,700 単位

・生理検査部門

心電図検査 7,176 件
エコー検査 6,698 件
肺機能検査 1,111 件
脳波検査 196 件
その他 689 件

・病理検査部門

病理組織検査 2,438 件(術中迅速検査32件)
細胞診検査 1,020 件(術中迅速検査2件)
剖検 1 件

・採血

27,908 件

外部精度管理

詳細はこちら

学術活動

活動実績はこちら